ガラスのこと丸わかり

ガラス修理の方法

トップイメージ

ガラスの修理

ガラス修理をする時ってどういう時でしょうか。
もちろん、ガラスを割ってしまった時でしょう。自動車などに使われている衝撃に強い強化ガラスなどを使っていない限り、ガラスなんて簡単に割れてしまうものです。
そんな時にガラスを直す必要があると思うのですが、実際のところガラス修理といっても粉々に砕け散ったガラスの破片を拾い集めて元通りに修理をするっていうわけでは無いんです。ばらばらに
砕け散って破片となってしまったガラスは、さすがに元通りの形に戻すことは不可能に近いのではないでしょうか。
ただし、ちょっとしたガラスのひび割れや、欠け程度なら自分の手で修理することができます。ただしこの場合はガラス修理というよりガラス補修に近いとも言えますが。 修理の方法としては、ヒビや欠けてしまったところにアロンアルファなどの接着剤を流し込むだけです。応急処置としてはこれで何とかなると思います。

また、ガムテープやキッチンテープなどで補修するという手もあります。実に手軽な方法ですが、お店など見栄えが必要な時はカー用品のフロントガラス補修材が使えます。これは特殊なものではないのでカー用品を扱っているお店へ行けば簡単に手に入れることができます。
ただし自分でできることは本当に一時的なものですので、関東でしっかりとしたガラス修理をするならすぐに来てくれるガラス修理の専門業者に依頼するのが一番ですね。